AIを業務に活用する

昨年後半あたりから話題になっているAIを業務に取り入れることにしました。
具体的にはAIによるWebミーティングの音声自動書き起こしです。

当事務所は従業員がいない「ひとり事務所」ですので、お客様とミーティングをしても私の代わりに議事録を取ってくれる人はいません。
話しながらメモをして、終わった後にすぐにファイルにまとめるということを行っていましたが、なかなか骨が折れますのでAIを助けてもらおうと思ったのがきっかけです。

ネットで色々調べ自動文字起しサービスを比較検討した結果、「Notta」というサービスを利用することにしました。
月額1,200円で月1,800分まで書き起こしをしてくれるサービスになります。

本日14時からお客様と約1時間Zoomでミーティングをしましたので、お客様の了承を得て試験的に導入しました。
Zoomにはお客様、私、AIの3名?が参加し、二人の会話内容をAIが録音、文字起しをしてくれます。

15-20分程の読み込み時間を経て、文字起し内容を確認したところ、なんとWord25ページ、19,752文字の大ボリュームでした。
内容自体は問題なく、会話内容と乖離はありませんでした。
語尾や単語がところどころ間違っている箇所がありましたが、これは活舌の問題かなと思われます。
今後はAIが文字起しをしていることを意識して、はっきりと発音するようにします。

Nottaにはもう一つ便利な機能があります。
それは「AI要約」です。
サイト内のAI要約ボタンを押すと、2~4分程で要約してくれます。
要約の結果、600字程度になりました。
一部抜けている箇所があったものの、よくまとめられていた印象です(100点満点中75点くらい)。

本日は初回利用でしたので、今後慣れていけば更に精度は上がるはずです。
AIを活用して効率的に事務所を運営します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です