上級IPO実務検定に合格しました。

先月受験してから一ヶ月が経ち、本日結果が届きました。

択一試験70%、記述式74%⇒平均72%ということで晴れて合格しました!

記述式は時間が足りず、回答を埋められない設問がいくつかあり、7割は切っているだろうなと思ってました。
どこで何点取れたのか分かりませんが、ひとまず安心しました!

あとは8/5,6の中小企業診断士試験に合格するのみです。

試験対策状況・当日の時間割順

<一日目>

  • 経済学・経済政策
    昨年48点で爆死。
    実力不足はもちろんだが、例年20%以上の合格率にもかかわらず、2022年度は10.5%だったため、厳しい試験だった。
    2023年度は易化するはずなので、頻出論点だけおさえて60点を目指す。
    理解に苦しむ箇所は捨てる。
  • 財務・会計
    昨年合格済だが、全体の点数底上げのため免除せず受験する。
    得意科目にもかかわらず、昨年72点だったため今年は9割以上を目指す。
  • 企業経営理論
    昨年合格済みのため、今年は未受験
  • 運営管理( オペレーション・マネジメント )
    昨年58点で敗退。
    今年は70点以上を目指す。

<二日目>

  • 経営法務
    昨年56点で敗退。
    例年科目合格率が一番低い科目(10~12%程度)。
    一方2022年度は26.9%だったため、難易度に救われて56点だった。
    2023年度は例年以上の難易度となるはずなので、要注意科目。
    中途半端に臨むと40点未満で足切りをくらう可能性あり。
    とはいえ頻出論点である知的財産系と会社法を押さえておけば問題ないと思われる。
    民法は相続論点以外捨てる。
    目標60点オーバー。
  • 経営情報システム
    昨年48点で爆死。
    暗記が足りなかったことが敗因。
    目標60点オーバー。
  • 中小企業経営・中小企業政策
    昨年56点で敗退。一番勉強時間が少なく、暗記の精度が低かった。
    今年は70点以上を目指す。

370~380点/600点くらいで滑り込み合格狙い(360点合格)

  • 経済学・経済政策⇒52点
  • 財務・会計⇒84点
  • 運営管理( オペレーション・マネジメント )⇒64点
  • 経営法務⇒54点
  • 経営情報システム⇒52点
  • 中小企業経営・中小企業政策⇒64

合計370点は最低でも取りたいです。
もちろんこれより高得点を狙いますが、本試験は何が起こるか分かりませんので、残り2週間落ち着いて試験対策をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です